可能な限りの無痛虫歯治療|
駿河台・デンタルオフィス|神保町駅から徒歩3分・御茶ノ水駅から徒歩5分の歯医者・歯科医院。

web予約・初診の方

web予約・再初診の方

神保町駅から徒歩3分 御茶ノ水駅から徒歩5分 0120-378-462

Cavity / 虫歯

可能な限り「痛くない」「削らない」治療はもちろんの事、当院では可能な限り「美しく仕上げる」ことにこだわっております。また、ドクターを含めスタッフ全員が「女性」ですので、歯医者に不安をお持ちの方、一度当院の雰囲気を感じてみてください!

img9

+駿河台デンタル式-可能な限り「痛くない」歯科治療

診療

歯の治療は、なるべく痛みを伴いたくないものです。

麻酔をすれば、基本的に痛みをほぼ感じずに治療が出来るのですが、

「麻酔の注射自体が痛い」という患者様の声を良く耳にします。

当院ではこの麻酔の注射をできるだけ痛みの少ない方法で行っています。

 

Step1 表面麻酔

事前に、注射する部分に麻酔液を塗ります。

これにより注射時の痛みを無くします。

表面麻酔

Step2 「極細の針」を使用

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど

痛みは少なくなります。

当院では現在発売されている中でも一番極細の針(33G)を

使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

針

 

Step3 麻酔液を適度に温める

麻酔薬が冷たいと体内との温度差で、体がビックリして

しまい麻酔の液が入ってきたと敏感に感じ、それを痛み

として捉えてしまいます。当院では、麻酔液を最も痛みを

感じにくい37度に温めています。

電動麻酔

Step4 電動麻酔注射の利用

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となり

ますので、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していく

ことが大切となります。 そこで当院では注入速度を

機械制御した「電動麻酔注射」を導入し痛みを最小限に

抑える工夫をしております。また、ケースによっては

手動の方がよい場合もありますので、「電動麻酔注射」と

「手動」を併用しています。

電動麻酔

 

また、患者様が虫歯治療を嫌がる理由として

「歯を削る時の」があります。

当院ではこの「音」に対しても配慮をしています。

具体的には「5倍速コントラ」とう機器を使うの

ですが、通常の歯を削る機器よりも「5倍」の速さ

で回転しますので、その分、機器の音が格段に

小さくなります。

5倍速コントラ

 

 

+駿河台デンタル式-可能な限り「削らない」虫歯治療

虫歯治療の際、歯を削ります。

しかし、削れば削るほど「歯の寿命」は短くなることをご存知でしたか?

そこで当院では可能な限りご自身の歯を残すため、次のような可能な限り「削らない」取組を行っています。

 

こだわり1.視野を拡大することで精密な治療を可能とする「拡大鏡」

img2

拡大鏡

歯を削る量を最小限に抑えるには、治療部分がしっかり

と見えなければなりません。従来までは「肉眼」で見える

範囲での治療でしたが、当院では歯科用の「拡大鏡」

を利用し、肉眼よりも数倍拡大された視野で治療を行って

います。

 

下の画像は肉眼での視野と、拡大鏡の視野の比較となります。

どちらの方が精密な治療ができるかは一目瞭然ですね。

肉眼と、拡大ルーペで見た写真

 

こだわり2.必要最低限の部分のみしか削らない「超極細ドリル」

歯はバーと呼ばれる「ドリル」で削ります。

このドリルが太ければ歯は大きく削れますし、

細ければ細いほど必要最小限の歯しか削らずに済みます。

当院では、現在利用できるドリルの中で一番細い

ドリルを利用し歯を削りますので、健康な歯までを

削ることはありません。

超極細ドリル

 

こだわり3.虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。

虫歯治療を行う上で一番大切なのは、

虫歯に感染した部分を完全に除去することですが、

通常は虫歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を

削っていきます。しかし、この方法では、感染部位

を確実に、そして正確に除去することはできません。

しかし、このう蝕検知液を使うと、

感染した部分が赤く染まりますので、

どこまで虫歯を削ればよいかがわかり、

歯を削る量を最小限に抑えることができます。

う蝕検知液

 

こだわり4.ほとんど歯を削らずに「薬」で治療するMTAセメント治療

MTA

当院では、今までのむし歯菌を削って治すという

発想とは全く違う、”虫歯菌を削らないで殺菌する

というMTAセメントを活用した治療を実施

しています。

 

通常なら、むし歯の部分を除去するため歯を大きく歯を削ります。そして虫歯菌が神経まで達していた場合は感染した神経を取り除く治療もする必要があります。

しかし、MTAセメントを使用すれば、虫歯菌の部分をほとんど削り取る必要性はありません。そのため、神経の治療を行う必要がなく、削る際の不快感を軽減することが出来ます。また何よりも「歯をほとんど削らない」「神経を除去しない」ことから、ご自身の歯の寿命を延ばすことが出来る治療です。

 

MTA 説明図

 

この治療法は、虫歯菌に罹患している部位や量、状態等によって、この治療が出来ないケースもあります。

 

+駿河台デンタル式-可能な限り「美しく」する治療(保険でも対応)

虫歯治療後には「銀色」の詰め物・かぶせ物を装着されると多くの方が思っていると思います。当院では患者様の口元の美」を考慮し、可能な限り銀歯を使わず、白い素材を利用した対応を行っています。

 

「白い素材」というと保険が適用されない素材を思い浮かべるかもしれません。

しかし、「保険適用」の白い素材も存在しています。「CR充填」という方法です。

CR充填で行った症例が下記になります。

ビフォアー アフター1

ビフォアー アフター2

CR充填法は、白い歯にするだけではなく、歯を削る量も少なく、かつ、その日のうちに治療が完了しますので、患者様には非常に喜ばれています。

当院の院長は大学でCRによる治療法を専門に学んできた人間ですので、保険であってもかなりクオリティの高い処置が可能になっています。

 

また、保険外の治療になりますが、「セラミック素材」を利用した治療も当院では行っています。CR充填よりも審美性が高く、かつ、長持ちします。

詰め物 かぶせもの

詳しくは審美歯科をご参照ください。その他にも当院ではホワイトニング、デンタルエステなども行っていますので、「白い歯」「綺麗な歯」「芸能人のような歯」を求める方は是非ご相談ください。

 

 歯科治療に起因する「金属アレルギー」

原因が分からない次のような症状はありませんか?

皮膚のかゆみ・かぶれ 肌荒れ シミ・シワじんましん 口内炎 頭痛アレルギー性皮膚炎 味覚障害 肩こり

 

もしかしたら、お口に入っている「銀歯」による金属アレルギーが原因となっているかもしれません。

 

金属アレルギー

金属が肌に触れることで、かゆみが出たり皮膚が

かぶれたりする「金属アレルギー」。

対策として金属製のアクセサリーを身につけない

方もいらっしゃると思います。

しかし金属アレルギー症状は、

金属が肌に触れることだけで起こるものでは

ありません。金属の詰め物や被せ物が 溶け出し、

体内に取り込まれることでも起きてしまうのです。

 

下の画像は金属イオンが歯茎に沈着してしまった症例です。

金属イオン

驚かれるかもしれませんが、日本での歯科治療に使用(保険治療)されている銀歯は、戦後、物がない時に、日本独自に開発されたもので、今日に至るまで全く変わっておりません。生体への安全性という観点において疑問視される点も多くあります。

 

当院では、金属アレルギーの原因となる素材を一切使わない「メタルフリー素材」にも対応していますので、ご相談いただければと思います。金属アレルギーにならないだけではなく、虫歯にもなりにくく、かつ、天然歯と同様の歯の「色」「形」をデザインできます。

詳しくは審美歯科をご参照ください。

 

 

 

24時間Web予約

「初診」の方専用フォーム

「再初診」の方専用フォーム

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-2-3 水野ビル5F

※土曜日の診療時間は、午前9:00〜13:00 午後14:00〜18:00 ※休診日:日曜・祝日

 

 

+患者様の声

当院で歯科治療を受けられた患者様から頂いたご感想をご紹介しております。

ご興味がある方は、患者様の声をご覧ください。

患者様の声

 

 

+料金

詳細は料金表をご参照ください。